アフィリエイトで大切なこと その2

アフィリエイトで大切なこと その2

稼げるようになるまで継続すること


アフィリエイトで稼げるようになるのは時間がかかります。

良い記事をポンと書いておけば「すぐに読者が集まって月収100万!」なんていう甘い世界ではありません。たとえ毎日記事を更新しても、サイト開設から2ヵ月は検索結果にほとんど載ることができないですし、収益0円ということも珍しくないでしょう。むしろ普通です。

そのため、少なくとも半年間は成果が出ないことを覚悟しておかねばなりません。その覚悟なしにアフィリエイトを始めると、途中で挫折してしまうことが目に見えています。

収益が出ない中でも折れずにひたすら記事を書くことを継続していれば、3ヵ月目以降にはアクセス数は伸び始め、半年~1年後には月5万円の壁は越えられるでしょう。逆に言えば、半年~1年を継続できなかった人が稼げる可能性は低いです。

月5万円を目指す上でどれくらい記事を書けばいいのか、よく質問されます。できれば50〜100記事を目指して書きましょう。

極端な話をすれば、30記事のブログでも月5万円に届くことは可能です。しかし、初心者の場合は、経験値を積むという意味でも、50〜100記事を書いて経験値を積んでいきましょう。

1記事目と100記事目では、おそらく内容の質が全く違ってきます。どういった記事が検索で上位表示されるのか、どういった文章が伝わりやすいのか、どうやって書いていけば商品が売れるのか、といったことを研究しながら記事を書いていくと、ライティングスキルはメキメキと伸びていきます。

その伸びが大きく目に見えてわかるのが、50記事から100記事に達したあたりだと思うのです。そのため、楽して稼ごうとはできるだけせず、ライティングスキルを高めるためにも50〜100記事を目指して執筆を続けていくことをおすすめします。

100記事と言われると絶望的な数字と感じるかもしれませんが、1日1記事を3ヵ月強、継続すれば達成できる数字です。まずはその3ヵ月強、集中的に記事を書いて、練習を積むことをおすすめします。

SNSで露出を増やす

サイト公開のリスクを恐れないなら、SNS(Twitter、Facebook等)を利用して積極的に記事を拡散していくのも戦略の1つです。

SNSでの拡散が成功してバズが起きると、大きなアクセス数がサイトに流れ込みます。このアクセス急増はドメインパワー(ドメインの評価指標)を急激に強くしてくれるので、バズ後は検索エンジン上でも上位表示がしやすくなるのです。そういった狙いでSNSを活用すると、サイトの成長に追い風を吹かせることができます。

ただ、サイト公開をするということは、当然ながら手法を真似されるリスクはあります。もしかすると強力なライバルに見つかって、ブルーオーシャンを荒らされるかもしれません。サイト公開をする上では、そういったリスクを覚悟した上で行うようにするのがベターでしょう。

ここまでリスクの話をすると怖気付いてしまった人もいるかもしれませんが、リスクを恐れて稼げないのでは元も子もありません。サイトの成長を後押ししていくためにも、こういったSNSを積極的に活用すべきだと思っています