ストック型ビジネスとフロー型ビジネスの違い

ストック型ビジネスとフロー型ビジネスの違い

ストック型ビジネスとは?

ビジネスの収入形態には大きく分けると2つの型があります。
それは「フロー型ビジネス」と呼ばれる種類と「ストック型ビジネス」と呼ばれる種類です。

フロー型のビジネスは、収益が1回きり(単発)で起こります。
フロービジネスは、他の言い方ではショットやスポットとも言われることがあります。

ストック型ビジネスは、継続的な収入がある形態のビジネスです
一度仕組みを作ってしまえば、契約者が増えるたびにその分の収益が上積みされていきます
この場合は新規契約のほかに、継続利用している契約者からも収益が得られるので、新規契約を取り続けることで、どんどん収益が積みあがることになります。

しかし、短期的にはシステム開発や顧客の獲得にコストがかかり、損益分岐点を超えるまでに時間がかかるという側面もあります。ストック型ビジネスでは継続の収入が見込めますので、来月度や来期、来年度といった長期的な収入の見込みをたてることができるのも特徴です。

ストックビジネスは副業でも作れる

ストック型ビジネスは、個人が副業として行うこともできるのが特徴といえるでしょう。
会社の規定や規則などに抵触する場合もあるかもしれませんが、副業や兼業を認める動きが活発化していることも、ストック型ビジネスの盛り上がりの要因の一つといえるかもしれません。

例えば、代理店としてストック商材を販売したり、フランチャイズのオーナーとして経営することなどもストック型ビジネスと言えます。
「ストック型ビジネスのスキルやノウハウがわからない」という人もいるかもしれませんが、過度の心配は無用といえます。
当サイトでは「今まで副業をやってみたけど失敗した」や「これから副業を始めてみたいが不安」など多くのお悩みを解決していくために、メール・スカイプでマンツーマン指導を行っていきます。

近年ではネットビジネスも、ストック収入を得るための手段として注目を集めています。
ネットビジネスといえば、自宅のパソコンはもとより、スマホやタブレットさえあれば誰にでもできるビジネスです。
基本的に元手がかかることもありませんので、初めての人でも気軽にできます。

ぜひ不労所得の獲得を目指してチャレンジしてみてください。