起業するならストック型ビジネスがいい

起業するならストック型ビジネスがいい

起業するのは簡単ですが、それを続けるのは大変なことです。
単に「好きだから」「売れるから」という理由で選んではいけません。

どうせ起業するなら、成功しやすい方法を取ることをお薦めします。失敗しやすい方法でビジネスを始めてしまうと、どんなに努力しても成功の確率が低くなります。

サラリーマンが起業するならストック型

起業するならストック型で、平日に仕事をしているサラリーマンで、副収入が欲しいという人には、ストック型ビジネスの副業がおすすめです。

ストック型ビジネスは副収入の中でも不労所得に入るものが多く、日常的に時間が取りにくい人でも始めることができます。

またサラリーマンの人は、本業による収入があるので、ストック型ビジネスで安定した高収益を得られなくても生活が可能なのも魅力です。

ストック型ビジネスは安定して利益を出せるようになるまでに、ある程度の時間を要するケースが多いため、かえって本業を持つサラリーマンや公務員には、副業に向いています。

起業するならストック型で、賃貸マンションや賃貸アパートなどの家賃収入などもストック型ビジネスの一つといえます。

例え、少額であっても継続的に権利のように収入があれば、生活や暮らしは随分楽になります。
そのため現代では、ストック型ビジネスへの関心が高まっています。

ストック型ビジネスの代表ともいえるのが、不動産による収入です。
具体的には、マンションやアパートなどの家賃収入などが挙げられます。

このような家賃収入や賃料による収入を得ることができるようになるためには、当然ながら、ある程度のまとまった資金が必要です。

一概にいうことはできませんが、少なく見積もっても1,000万円以上の資金を用意することが必要といえます。

起業するならストック型で、マンションやアパート、駐車場などを経営する場合には、いわゆる空室リスクなど心配ですが、信頼できる不動産会社などに運営を一任することによって、そのリスクを抑制することも可能です。

ストック型ビジネスは、電気料金やガス料金といった公共料金やレンタルサーバーなど月額請求のビジネスで多い形態です。継続的な収入がある形態のビジネスです。

一度仕組みを作ってしまえば、契約者が増えるたびにその分の収益が上積みされていきます。ストック型ビジネスの特徴は、来月度や来年度といった長期的な収入の見込みが立てやすくなることが大きなメリットです。

起業するならストック型で、ストック型であれば、株主優待や配当金などを得る長期的な利益になるのでインカムゲインといえます。
フロー型は単発なので、株式取引でいえば株価の差により収益を得るキャピタルゲインがそれに当たります。

ストック型のビジネスは売り上げが安定しやすく、売上の見込みが立てやすい、しかも資金繰りがしやすくなるという特徴があります。

片や、フロー型のビジネスは単発型であるため、コンスタントな売り上げは難しいです。
もしも病気やケガで営業できなくなったら、売り上げは停止してしまいます。

起業するストック型の見本

起業するならストック型で、理想は、インターネットを活用したストック型のビジネスです。

例として。

  • オンライン雑誌・新聞・書籍の年間定期購読
  • パソコンのセキュリティーソフトのインストール・年更新や月額更新
  • 長期契約の生命保険
  • シェアオフィスの月額賃料、カーシェアリング
  • 月額家賃収入
  • ネット英会話月謝制・オンラインチケット制
  • 洋服・ドレス・バッグの月額定額レンタル
  • 著作権やノウハウ
  • コンサルティング
  • クレジットカードの年会費
  • ファンクラブの年会費
  • コミニティーの会費
  • 光回線やスマホ料金の基本料金

以上が起業するならストック型の見本です。
自分に合ったビジネスで活動されるのがいいです。

起業でストック型は中長期になる

起業するならストック型でストック型ビジネスとは、顧客の獲得には中長期になるケースが多いですが、積み上げていくと毎月の収支が分かりやすく、経営が安定しやすいのがストック型ビジネスの特徴です。

<メリット>
1.安定的な収入を確保できる。
2.将来の収支が計算できる。

<デメリット>

1.フロー型と違い、爆発的な収入が難しい。
2.損益分岐点を超えるまで、時間がかかる。

起業するならストック型で、フロー型ビジネスとは、フロー型ビジネスは収入に継続性がないため、周辺の環境などの影響により売上が増減します。収入が安定しにくいのがフロー型ビジネスの特徴です。

<メリット>
1.IT会社などであれば、大きな利益に繋がりやすい。
2.早い段階で利益を得ることができやすい。

<デメリット>
1.利益が安定しにくい。

フロー型ビジネスのメリット、デメリット

起業するならストック型で、商品を販売する際に、1回ごとに取引をしないといけないため、お客様との関係がその都度終わってしまいます。そのため、継続的な売り上げになりにくいビジネスモデルと言えますが、扱っている商品の額が大きいものであれば、広告などを上手く使い売り上げを大きくすることができるビジネスモデルとも言えます。

メリット

・ストック型に比べて低資金でビジネスを開始できる
・収入を得るまでに時間がかからない
・人気が出れば収益は爆発する

起業するならストック型で、フロービジネスの場合は売り上げを上げるためには継続的にお客さんを獲得し、より良い商品を提供し続けなければならないので、全力疾走でビジネスに取り組まなければなりません。
なぜなら、販売活動を止めたときに売り上げがなくなってしまうビジネスモデルだからです。

デメリット

・その都度集客しなければならない
・景気などの外部の影響をモロに受ける
・収入が不安定になりやすい

ストック型ビジネスの特徴・メリット、デメリット

起業するならストック型で、ストック型ビジネスの特徴として、一番は1回のお客さんとの取引によって、継続的に売り上げを構築することができるビジネスだと言うことです。

通常のフロー型のビジネスとは異なり、取引にかける時間が1回なので、その分の余暇時間ができ、サービスやフォローに力を注ぐことができます。

メリット

・フロー型に比べて継続的に売り上げを作ることができる。
・都度の営業活動が不要
・継続した収益があると今後の計画が立てやすい

起業するならストック型で、月額1万~2万ぐらいであれば、毎月の商品の購入などは簡単ですが、20万や30万の高額商品になると、毎月定期購入などは難しいです。
つまり、ある程度の固定収入を得るためには初速が遅くなってしまうと言ったデメリットがあるわけです。
月収60万円を稼ぐためにはフロービジネスの場合30万円の商品を2回販売ですが、ストックビジネスの場合は1万円の商品を60回販売する必要があります。

また、ひとつの商品に依存してしまっていると、商品が周りの環境に合わなくなった場合や、ライバル商品の台頭により解約リスクが発生するため、取扱商品のバージョンアップや、購入者の方へのフォローをする必要があります。

デメリット

・収益が上がるまで時間がかかる
・爆発的な収益が見込めない