仕事ができる人ほど実践している気遣い術

仕事ができる人ほど実践している気遣い術

仕事ができる人ほど実践している気遣い術

仕事ができる人って

異常に気遣いが上手です。

私の周りにいる

仕事ができるビジネスマンたちは、

さりげない気遣いで

相手を気持ち良くさせたり、

人間関係を潤滑にしたりしています。

私が、できるビジネスマンを

観察して学んだ

「気遣い術」をご紹介しますので、

これを参考に気遣いマスターを目指しましょう。

「すみません」を「ありがとう」に!

日本人は、基本的には

お礼よりも謝罪が先に出てしまいます。

例えば、

落とした荷物を誰かが拾ってくれたとき、

とっさに「すみません」

と口走ってしまう人が多いもの。

「すみません」でも

もちろんよいのですが、

相手を気持ちよくしてあげるのは

「ありがとう」です。

これは仕事でもプライベートでも、

同じこと。

「すみません」の代わりに

「ありがとう」と言うだけで、

相手はにっこりと笑顔になります。

相手の鉄板分野を話題にする

人は、聞くよりも喋る方が

気持ちいいもの。

特にそれが、

自分の得意分野の場合は

なおさらです。

だから、

あなたが誰かと会話をするときは、

その人の「鉄板分野」や「得意分野」

のお話を振ってみましょう。

そして、聞き役に徹してください。

それだけで、

相手はあなたのことを

「居心地がいい人」と感じてくれます。

YES/NOで完結する質問文を上手に使う

忙しそうな相手に質問をするときは、

相手が長く話さなくてもよいような

質問文を使ってみましょう。

例えば相手が風邪をひいて

しんどそうなときは、

わざわざ「どうしたの?」

と聞くのではなく

「風邪らしいね。お大事に」

という感じです。

このような質問の仕方をすれば、

相手は答える手間が省けますよね。

ただ、毎回この調子だと

会話が続かないので、

相手の状況を見て使い分けてください。

プラスアルファの言葉や情報を付け加える

気遣いの基本は、

「相手の手間を減らすこと」です。

だから、会話やメールなどの中で、

相手がちょっとだけ

楽になる言葉や情報を

付け加えてください。

例えば、チャットやメールで、

待ち合わせ場所を決めるとき、

ただ待ち合わせ場所の名前を

伝えるのではなく、

その場所の地図のリンクを添付する、

お店の写真を添付する、

など相手が検索する手間を

省いてあげます。

このちょっとした積み重ねが、

あなたの評価を

徐々に積み上げてくれるのです。

まとめ

気遣い術の極意は

「相手を楽にしてあげること」です。

色々な気遣いがありますが、

基本は

「自分がされたら嬉しいことを率先してやること」。

これだけで、

あなたの周囲の人々は、

あなたのことを「心地よい人」

と感じてくれるようになります。

しかも、気遣い術は

ちょっと言い方を変えたり、

一手間増やしたりするだけなので、

簡単に実行できるはず。

あなたもまずは、

明日の朝一番にお話をする人に

気遣い術を実践してみてくださいね

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
たかはし公式LINE
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

最新情報をリアルタイム配信してます。

もうお友だちになってますか?

まだお友達になっていない人は

お気軽に申請してくださいね

たかはし公式LINE

ID:@117mociy(@を忘れないで)

https://bit.ly/2MhYQPM