成功出来ない人の7つの特徴

成功出来ない人の7つの特徴

世の中の成功者に

数多くの共通点があるように、

成功できない人にも

7つの特徴があります。

私はビジネス上で

多くの成功者、

そして

まだ成功していない人たち

を見てきて、

「成功できない人の7つの共通点」

を発見しました。

これから成功したい

と考えるあなたは、

自分に置き換えながら

読んでくださいね。

1、すぐにやらない

まず、全員に共通するのが

「すぐにやらない」

ということ。

ほとんどの人が

「先延ばし」をすることがありますが、

成功者は先延ばししません。

その場でできることは、その場でやりますし、

きちんとスケジューリングします。

それに対して成功できない人は、

何かと理由をつけて後回しに。

その差は、

ビジネスのスピード感だけでなく

信頼にまで現れます。

同じ仕事なら

早い方が信頼されるに

決まっていますよね。

2. 選択できない

成功できない人は、

2択やそれ以上の選択肢が

目の前に現れた時、

すぐに決定できません。

これは、

大きなビジネスだけではなく

小さなことも同じ。

例えば

カフェやレストランで

食事をする時の注文が、

わかりやすいでしょう。

成功者は悩まずに、

ほぼ即決できますが、

成功できない人は、

「あっちもいいな、こっちも美味しそう」

と、悩む時間が長いのです。

これは、

脳が「最適」を選択することに

慣れていないから。

選択できるようになるためには、

何事も瞬時に

判断する癖をつけましょう。

3. 1人で抱え込んで人間関係がギスギス

成功できない人は、

人間関係をこじらせがち。

何故ならば、

1人で思いを抱え込んでしまうからです。

「さっき言われたあの言葉は

どういう意味だったんだろう」?

「私のことを嫌いに違いない」

そうやって1人で考え込んで、

思い込み、

相手に確認せずに

突っ走ることが少なくありません。

その結果、

人間関係が常にどこかで

こじれてしまいます。

人間関係のこじれは

プライベートだけでなく、

ビジネスのモチベーションにも

影響しますので、

できるだけ避けたいもの。

人間関係のギスギスを

回避する方法は

「直接聞くこと」です。

自分の思い込みだけで

行動するのは避けましょう。

4、「ここまでやったんだから」と後戻りしない

成功者のほとんどが、

「ここまで投資したんだから

この案件はクローズできない」

という発想は持っていません。

いくら時間とお金をかけていても、

プロジェクトの成功の見通しが

立たなければ

即クロージングします。

それに対して成功できない人は、

「ここまで頑張ったんだから、後戻りはしない。ひたすら頑張るだけだ」

と、自分の投資や努力を

ゼロにする行為はできません。

確かに、

これまでかけた労力を考えると

後戻りできない

という気持ちはわかりますが、

成功の可能性が低いものに

さらにお金と時間をかけてしまえば、

さらに後戻りできない泥沼に

はまってしまいます。

これ以上の犠牲を

増やさないためには、

失敗は失敗と受け止めて、

前に進むことが大切です。

5、準備が完璧でなければ実行しない

成功できない人は、

とにかく準備や道具にこだわります。

何かのプロジェクトや事業を

開始するときは、

全てを完璧な状態にしなければ

気が済みません。

それに対して、

成功できる人は準備ではなく

「タイミング」を重視します。

今がそのときだ!

と思ったら、

準備の状態などは関係なく

ゴーするのです。

自分に言い訳することなく、

プロジェクトを開始します。

6、自分のやり方が一番だと思い込む

成功者は意外と他人の意見に耳を傾けます。

「こんなやり方があるんだ」

と思えば、

あっさりと自分のやり方を引っ込めて、

新しい方法にチャレンジします。

それに対して

成功できない人は、

自分の経験と能力を過信して

自分のやり方に固執しがち。

他の経験者の意見を

聞き入れることは、

ほとんどありません。

あなたが成功したいのであれば、

まずは他人の意見を

素直に聞くように心がけてください。

7、想定外の出来事に対処できない

全ての物事において、

想定外の出来事は必ず発生します。

成功者は想定外の出来事に、

適切に対処できますし、

それを誰かのせいにする事は

ありません。

しかし、

成功できない人は

想定外の出来事が起きると、

その原因を追求し

自分に責任がないことを

アピールした上で、

表面上の対策を取ります。

成功者との違いは、

スピード感と責任感です。

「想定外の出来事なんて、

起きるのは当たり前だし、

誰かに責任があるとしたら

それは自分の段取り不足」

と成功者は考えます。

想定外の出来事の原因を

追求することに時間をかけるよりも、

サクサク解決した方が早いですよね。

そして、

周りから見ていると

ネチネチと責任を追求する人よりも、

スピーディーに対処している人の方が

信頼できます。

その差が、

その後の成功に繋がるのです。

「成功できない人の7つの特徴」

を読んで、

「これは私のことだ」

と思った方も

落ち込まないでくださいね。

私もつい最近まで

当てはまる部分がありました。

でも、

「これではいけないな」

と思って

自分を軌道修正してきました。

今でも、

この7つの特徴に当てはまるのでは?

と考えながら行動します。

だからあなたも、

時折この記事を思い出して

「成功できる人の特徴」

を身につけてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
Takahashi 公式LINE
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

最新情報をリアルタイム配信してます。

もうお友だちになってますか?

まだお友達になっていない人は

お気軽に申請してくださいね

たかはし公式LINE

ID:@117mociy(@を忘れないで)

https://bit.ly/2MhYQPM